鉄道コム

170212_09

 福井鉄道とえちぜん鉄道の直通運転は、日中は毎時1本が越前武生と鷲塚針原間で運行される。種別は急行。えちぜん鉄道福井駅から三国芦原線で鷲塚針原に到着すると、構内では乗務員が雪かきをしていた。どうやら停車しているki-bo(L形)の運転士のようだ。

 この相互直通運転は、フェニックス田原町ラインという愛称がついているのだが、えちぜん鉄道はこの低床車ki-boが専用で使用され、福井鉄道はFUKURAMを中心に、在来型低床車の770形なども運用に就くようだ。福鉄のFUKURAMは3車体連接なのに対して、ki-boは2車体連接なのでずいぶんと定員が違う。平日朝の運用には問題がないのだろうか。

 この日は日曜日、しかも午前中ということで利用者も多くなく、日常の利用実態はいまいち把握できなかった。いずれ平日に乗車体験を試みたい。

170212_10
▲高床車用ホームを通過するki-bo

撮影:2017年2月12日
えちぜん鉄道 三国芦原線
鷲塚針原駅ほか