鉄道コム

150613_05
▲泉佐野に停車中の緑のサザン

 南海本線の特急に「サザン」が誕生したのは1985年。それまでの特急「四国」の1000系から、朝夕は新鋭10000系のみの全車指定列車、日中は在来形式7000系・7100系との併結の一部指定列車という体制になった。当時10000系は中間車がなく2連の組み合わせで編成したいた。中間車が生まれたのは現行塗装となってからのため、緑の10000系中間車は初めての登場となった。

150613_06
▲泉佐野を出発し和歌山市方面へ向かう