鉄道コム

前回からの続き

150723_04

 先日一畑電車から、1月21・22日に3000系ズームカーのさよならイベントが行われることが発表された。昭和30年代から高野山への足として乗客を運び続けた南海ズームカーは、1996年から塗色を変えて平坦な出雲国を走り続けて生きた。しかし、元東急1000系の導入によってその数を減らし、新形式の導入もあり、ついに引退となった。

150723_05
▲松江しんじ湖温泉~松江イングリッシュガーデン前間(3006編成)

 昨年7月のこの度の時点では、まだ2編成が残っており(3006編成と3007編成)、平日であれば撮影のチャンスを作ることができた。雲州平田から松江しんじ湖温泉まで向かい、宍道湖をバックにズームカーを待ち受ける。風が強く、宍道湖は波打っていた。

150723_06
▲2100系2103編成「楯縫」車内より 

 別のポイントでズームカーを撮影するために松江しんじ湖温泉から移動。乗車したのは2100系の車内改造編成「楯縫」、初めての乗車だった。・・・#09へ続く。